撮影会

秋葉原の撮影会、Fresh!撮影会の楽しみ方

秋葉原で毎日開催されているFresh!撮影会(以後、Fresh!)は、管理人が一眼レフを使いだした頃に(現在の場所ではないが)既に開催されていたので、かなり歴史がある由緒ある撮影会です。

毎日開催されているという事は、いつでも時間ができた時に、気軽に撮影ができるという事。

また、参加モデルもアイドル・タレント・モデル・レースクイーン・グラビア等活動している女性が参加しているので、ポートレートを始めたばかりのカメラマンや、将来のアイドル・女優に会ってみたいファンの方にはおススメの撮影会でしょう。

Fresh!撮影会の5つの撮影スタイル

Fresh!では、幾つかのスタイルに分けて開催されていています。
簡単にまとめてみました。

撮影会 スタイル 撮影場所 金額
フォトセッション ローテーションで複数のモデルを撮影できる 屋内 1時間:3,500円
屋外大撮影会 囲みで複数のモデルを撮影できる 屋外 終日:4,500円
ソロ撮影会 ローテーションで特定のモデルを撮影できる 屋内 モデルにより変化
プレミアム撮影会 時間内1:1で特定のモデルを撮影できる=個人撮影 屋外・屋内 モデルにより変化
企画型撮影会 イベント時、ローテーションで複数のモデルを撮影できる 屋外・屋内 イベントにより変化

フォトセッションと屋外大撮影会は予約なしで参加可能ですが、その他の撮影会は事前に予約が必要。

また、撮影会の参加費用はスタイルごと、モデルごとにそれぞれ異なるので、事前にチェックをするようにしてください(最近では事前チケットで割引サービスもあり)。

Fresh!フォトセッションの特徴

no1228_037

撮影会というイメージが一番ピッタリする感じ。
スタジオ内の複数個所にモデルが配置され、撮りたいモデルの前に並んだカメラマンが順番に撮影していくスタイル。

モデルは参加人数により数十分単位で交代していくので、数多くのモデルを撮りたいカメラマンにはおススメ。本格的な撮影を行う前の顔見せという感じがあります。

逆に短い時間の中で全てのモデルを撮影することは困難なため、目的のモデルが出る時間帯に合わせて入場するカメラマンもいるようです。

ポイントをまとめてみると、

  • モデルの交換が随時のため、比較的多くのモデルを撮影することが可能
  • 1回あたりの撮影時間が短いため、回転が速く、あまり待たされている感がない(一部人気モデルを除く)
  • 1回あたりの撮影時間が短いため、モデルに大きなポージング変更を依頼する場合に、指示出しだけで次のカメラマンと交代しなければならない事もある(時間があまりに短い)
  • モデル交換時に最終カメラマンに最後尾である旨を記した告知を渡されるので交換のタイミングがわかりやすい
  • 撮影中に利用コースを簡単に変更することができる(コースを意識する必要がない)

というところでしょう。

撮影スペース 8スペース
撮影時間 40秒交代
モデル交換 (順番で)随時
金額 1時間:3,500円、3時間:7,000円、1日:12,000円、後払い(税別)

Fresh!屋外大撮影会の特徴

土日・祝日等に葛西臨海公園、お台場潮風公園、大宮公園など東京近郊の大きな公園で行われています。
撮影場所でモデルが色々な場所に移動し、カメラマンが囲み撮影を行うスタイルで、40分×4回の撮影を途中休息をはさみながら行い15時に終了。
屋外ならではですが、当日雨で中止になることもあります。

  • 参加費が安い(1日通しで4,500円)
  • 好きな参加モデルを選んで撮影することが出来る。(数多くのモデルを撮っても、一人のモデルをずっと撮ってもOK)
  • 囲み撮影なので、人気モデルでも待ち時間が長いという事がない
  • ポージングや目線の有無は全てモデル任せ
  • 屋外のため、レンズによってはボケのあるポートレートらしい写真が撮れる
  • 屋外のため、水着撮影はなし

Fresh!ソロ撮影会の特徴

一人のモデルを参加カメラマンで随時撮影していくスタイル。
フォトセッションとは異なり、参加カメラマンの上限が決まっているので、「目的のモデルが長蛇の列でほとんど撮影が出来なかった」という事がありません。
目的のモデルが既に決まっている場合におススメ。

Fresh!プレミアム撮影会の特徴

IMG_16_8738

申込んだ時間内はモデルを独占できる1:1の個人撮影(個撮)。

撮影日時によりFresh!AKIBA 新館やFresh!AKIBA ササゲが使われる事が多いが、たまに(株)ケイアイコーポレーションが経営している他のスタジオが使われることもあります。

  • フォトセッションと異なり、撮影途中に他のカメラマンと変わる必要がないため、ゆっくり思った通りの撮影を行う事が出来る
  • 各部ご参加の方に2ショットチェキを1枚プレゼント
  • 衣装の打ち合わせ等は、開催時間内(モデルによってはSNSで事前相談も可)にモデルとおこなう事ができる

とかなり自由度が高くなっています。

ポートレートの基本である、モデル探しやスタジオの手配など一切を行う必要がなく手軽に撮影が楽しめるのが最大のポイントでしょう。

企画型撮影会の特徴

フレッシュ撮影会と他のメディアがコラボレーションした時に臨時的に設けられる撮影会。
普段とは一線を画したモデルやイベント参加型の撮影を行う事が多い。

撮影会の参加方法

参加するスタイルにより若干の違いはありますが、基本予約無しの場合は直接行くだけです。
予約ありの場合、人気モデルは直ぐに埋まってしまうようですので、早めに予約を入れた方がいいでしょう。

撮影会 参加方法
フォトセッション 撮影会当日、開催時間中にいくだけ(予約の必要なし)
屋外大撮影会
ソロ撮影会 事前にサイトから予約をいれ、当日受付で確認
プレミアム撮影会
企画型撮影会 撮影会当日開催時間中に直接行く場合と、事前に予約をする場合がある

受付けを通過したら、普通に撮影をするだけです。
お気に入りのモデルさんを心行くまで撮影しましょう。

注意する点として、フォトセッションと一部の企画型撮影会の時間管理は自分で行う必要があります。
初めて参加する時に説明されますが、一定時間(1時間とか3時間)が過ぎると自動的に延長料金が加算されるシステムになっています。

撮影画像の公開について

撮影をしたら、写真を公開したいと思うのはカメラマンの性ともいうべきですが、撮影会のスタイルによって、またモデルによっても公開基準は変わっています。

一般的の個人ブログやSNS公開する分には、私服の写真については公開可能、水着(水着に準じるコスプレ)は公開不可もしくは要事務所確認の場合があるようです(中には水着でも公開可能という太っ腹なモデルもいます)。

しかしながら、商業利用は禁止となっているので、ルールというよりモラルの範疇という事で、モデルの嫌がるような写真は公開しない方が無難でしょう。

まとめ

Fresh!撮影会は、スタジオの撮影はフォトセッションやプレミアム撮影会、屋外の撮影は屋外大撮影会というように、目的別に撮影スタイルを用意しています。

その為、自分の好きなモデルを撮影したり、新しい機材を試してみたり、好きなアイドルに会いに行ったりと、多種多様な使い方が考えられます。

また、撮影会に参加していると、モデルに自分の顔と名前(ハンドル名)を覚えてもらえるようになりますし、これから有名になっていくであろう彼女たちの応援ができるのも魅力の一つではないでしょうか。

多くのモデルを撮るもよし、お気に入りの一人を追いかけるのもカメラマンとして楽しいでしょう。
ポートレート撮影を楽しましてくれる撮影会。それがフレッシュ撮影会です。

最近の記事

  1. もきゅ私服ポートレート
  2. 川口舞 水着ポートレート
  3. 橘れい ランジェリーポートレート
  4. 楠木莉愛 私服ポートレート
  5. 服部彩香 水着ポートレート

アーカイブ

Twitter

  1. 撮影会

    撮影会での撮り方

    秋葉原の撮影会、Fresh!撮影会の楽しみ方
  2. 高橋理沙 私服ポートレート

    私服ポートレート

    高橋理沙 san 私服ポートレート
  3. 大矢瑞希 私服ポートレート

    私服ポートレート

    大矢瑞希 san 私服ポートレート
  4. むめも舞美 私服ポートレート

    私服ポートレート

    むめも舞美 san 私服ポートレート
  5. Naru 私服ポートレート

    私服ポートレート

    Naru san 私服ポートレート
PAGE TOP